取り組みのご紹介

無料経費診断の紹介はこちらから

高齢者向け惣菜シリーズの紹介はこちらから

クックチル・院外調理の導入検討はこちらから

商品開発の紹介はこちらから

新たな取り組みの紹介はこちらから

お客様事例紹介

改築対応の事例はこちらから

緊急時対応の事例はこちらから

施設運営の効率化の事例はこちらから

会社案内(英語版)



マルタマフーズグループのリンクはこちらから

マルタマフーズセントラルキッチンのファイスブックはこちらから

病院での導入事例

■ プロジェクト概要

滋賀県の某病院では病院の改築工事が予定されていました。
改築においては、厨房の工事も予定されていました。
工事期間中は厨房の稼働スペースが縮小されるため、今までと同じ食事内容を、縮小される厨房スペースで調理するには限界があるのではと懸念されていました。

その中で工事中の厨房を使用しながら、食事を患者様に提供し続けるにはどうすればいいか?
ということが課題にあがり、その対処方法として「フリーズパック」の商品を導入することになりました。

■ プロジェクトの推移経過

  病院側の動向 セントラルキッチン側の動向
平成21年
1月下旬
病院側より厨房工事期間中の対応に関して相談 対応方法について検討を開始
平成21年
2月上旬
   
平成21年
2月中旬
対応食数160食となることが決定  
平成21年
2月下旬
  セントラルキッチンから直送にて納品を開始
平成21年
3月上旬
セントラルキッチン商品を利用した献立の提供開始   
平成21年
3月中旬
約1週間の提供期間をもって対応終了  

■ 成功のポイント


  • 厨房の改修工事期間中の食事提供について、他の病院で実績があった。
  • 基本はCK商品対応とし、食数が少ないものについてのみ現地調理を行った。
  • 事前に現地とCKとの間で献立に関するすり合わせが十分行われた。
前の事例に戻る